『ざんねんないきもの事典じてん』が、「“こどものほん総選挙そうせんきょ」で連続れんぞくにかがやきました。ぜひ感想かんそうをひとこと。
まずは全国ぜんこくのこどもたちに「ありがとう!」。まさか、また1えらんでくれるなんて、ゆめにもおもっていませんでした。みんな、わすれないでいてくれたんだね。ビックリしています。ふとりすぎてとべべなくなってしまった「カカポ」というとりや、目玉めだまおおきすぎてうごかせない「メガネザル」など、ここに登場とうじょうするいきものたちは、たしかに「ざんねん」かもしれません。だけど、「それでも、よいかもね?」というあいらしいいきものばかり。とくに進化しんかしなくても、だいじょうぶ。そんなところを、おもしろがってんでくれたのかなとおもいます。

ながい間、こどもたちにあいされつづけているのは、どうしてだとおもいますか。
よく、おうちで「がんばりなさい!」ってわれるけれど、じゃあ、どういうふうにすればよいか、わからないひとおおいとおもいます。「がんばれ!」って言葉ことばがきらいだっていうひと、たぶんおおいはず。ぼくの4年生ねんせいまご友達ともだちなんかもそうです。おやわれつづけて、イヤになっちゃったんだろうな。ぼくがこのほんつうじてつたえているのは「べつに、がんばらなくたってよいんだよ!」ということ。たのしく、たのしく! なかなか、そんなことを大人おとなはいないので、んでくれるこどもたちは、きっとホッとしたんじゃないかとおもいます。

(ほん)をつくるときに()かせない存在(そんざい)なのが、編集者(へんしゅうしゃ)。この(ほん)編集(へんしゅう)した山下(やました)さんは、小学生(しょうがくせい)支持(しじ)(あつ)めた理由(りゆう)について、どう(おも)いますか。
小学生(しょうがくせい)のみなさんに「いきもの」というテーマは、とっても人気(にんき)です。しかも、(いま)まで()らなかった情報(じょうほう)が、この(ほん)にはいっぱいつまっています。(あたら)しい発見(はっけん)があった(ひと)(おお)いのではないでしょうか。文章(ぶんしょう)(なが)さも、そんなに(なが)くないし、どのページから()んだって、だいじょうぶ。それから、漢字(かんじ)にはすべて「()みがな」を()るようにしたので、(てい)学年(がくねん)のみなさんにも、()んでもらえます。「この漢字(かんじ)は、こんなふうに()むのか」というのも、(あたら)しい発見(はっけん)(ひと)つ。そんなところが支持(しじ)されたのかな、と(おも)っています。

5(がつ)発売(はつばい)予定(よてい)の『さらにざんねんないきもの事典(じてん)』で、シリーズは5(さつ)()に。今後(こんご)(つづ)いていくのですか。
まだまだ、(ぼく)紹介(しょうかい)したいと(おも)ういきものは、いっぱいいます。それから、ひとつのいきものの(なか)にも、じつはいろいろな「ざんねん」があるんですね。それを、これから1()()紹介(しょうかい)していきたいと(おも)っています。毎回(まいかい)、700から800()情報(じょうほう)調査(ちょうさ)して、100()ぐらいにしぼって(ほん)にまとめています。「動物学(どうぶつがく)」と(むずか)しくかまえるのではなく、()んで(たの)しめることが(なに)よりも大事(だいじ)(ほん)()むことは、こどもたちが知識(ちしき)()ていく1(ばん)の「もと」。家族(かぞく)(とも)だちと一緒(いっしょ)に、みんなで(たの)しめる。そんなシリーズを(つづ)けていきたいと(おも)います。

「“こどもの(ほん)総選挙(そうせんきょ)」、今泉(いまいずみ)先生(せんせい)は、どんな(ほん)投票(とうひょう)してみたいですか。
『トム・ソーヤーの冒険(ぼうけん)』にしようかな。『シートン動物(どうぶつ)()』も()てがたい。それから、よく()んでいたのは『シャーロック・ホームズ』『怪盗(かいとう)ルパン』などの探偵(たんてい)ものでした。父親(ちちおや)は、(ぼく)(おな)動物(どうぶつ)学者(がくしゃ)自宅(じたく)にはいろいろな(ほん)(おく)られてきて、(かた)っぱしから()みあさっていたのです。知識(ちしき)()るための「おおもと」は、(ほん)であると(ぼく)(おも)います。(ほん)()知識(ちしき)をもって、(そと)()()き、実際(じっさい)(たし)かめる。研究(けんきゅう)(かさ)ねるうえで、(ほん)(なに)よりたいせつ。自分(じぶん)()きな分野(ぶんや)だけではなく、()(なか)のいろいろな出来事(できごと)、しくみが(あたま)(はい)ってきます。

小学生(しょうがくせい)のみなさんに、
メッセージをお(ねが)いします。
「がんばらなくてよいから、(たの)しいことを()つけて、追求(ついきゅう)してみよう!」。実際(じっさい)にやってみることが、たいせつです。ダメで、もともと。どんなことにもチャレンジしてみるとよいと(おも)います。それには、失敗(しっぱい)(おそ)れないことです。「どうしてそんなことをするの?」「おもしろいからだよ」でOKです。挑戦(ちょうせん)してみて、いよいよ「これはダメだ」となったら、その(とき)()(かえ)せば、だいじょうぶ。やる(まえ)から「ダメだろう」なんて(かんが)えてしまわずに、行動(こうどう)(うつ)してみよう!

今泉(いまいずみ)忠明(ただあき) 先生

1944年東京都生まれ。東京水産大学(現東京海洋大学)卒業。国立科学博物館でほ乳類の生態などを学び、環境庁(現環境省)のイリオモテヤマネコの生態調査などに参加する。トウホクノウサギやニホンカワウソの生態、富士山の動物相、トガリネズミをはじめとする小型ほ乳類の生態、行動などを調査している。上野動物園の動物解説員を経て、「ねこの博物館」(静岡県伊東市)館長。

山下(やました)利奈(りな) さん

高橋書店 書籍編集部 主任。1986年神奈川県生まれ。成城大学文芸学部マスコミュニケーション学科卒業。2008年に高橋書店に入社し、1年間、販売部で東京都の書店営業を担当。最優秀新人賞を獲得。その後、書籍編集部に異動し、生活実用書・児童書を手掛ける。おもな担当書籍は『ざんねんないきもの事典』シリーズ(累計380万部)、『親子で遊べる たのしい!おりがみ』シリーズ(累計60万部)など。